スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井戸の茶碗

落語「井戸の茶碗」のあらすじ

正直者の屑屋の清兵衛。商売をしていると、身なりは貧しいけれど品のある娘に呼ばれる。娘についていくとその父親が仏像を売りたいとのこと。屑以外のものはわからないと断ろうとするが、どうしてもと言われ預かる。

それを持って商売をしていると、細川家の家来・高木が仏像を見たいと呼び止めて、結局気に入って買い上げた。高木が仏像をぬるま湯で洗っていると、中に何か入っている音がする。小さい仏像が入れ子になっている細工なのかと取り出してみると、入っていたのは仏像ではなく、五十両の金。

高木は屑屋が通るたびに呼び止め、やっとのことで清兵衛を捕まえて、「仏像は買ったが五十両は買った覚えはない」と五十両を返すよう清兵衛に頼む。が、清兵衛が仏像を売った浪人の元へ五十両を持っていくと、「売った時点で人様のものだから、私が受け取る筋合いではない」と受け取らない。

高木と浪人がともに譲らず、困った清兵衛は家主に相談。すると、家主は 「高木に二十両、浪人に二十両、清兵衛に十両」の案を出す。高木は納得するが、浪人は納得しない。この条件に浪人がいつも使っている古い茶碗を高木に譲る、ということでやっと浪人も納得し、これでやっと話が収まった。

高木はもらった茶碗を磨いて大切にしていると、この話が細川様の耳に入り「茶碗が見たい」と言う。そこで茶碗を見せたところ、これが名器だということが判り、殿様が三百両で買い上げる。

さて、この三百両をどうするか。以前の例があるので折半しても受け取ってもらえるかと困ったものの、清兵衛に取り次いでもらうと「高木に娘を差し上げ、(結納として)金を受け取る」との返事。さっそく清兵衛が高木にこの事を伝えて、「今は身なりが貧しかったりするが、高木様の手で磨けば、いい娘になりますよ 」と言う。

そこで高木が一言、「いや、もう磨くのはよそう。また小判が出るといけない」。

落語「井戸の茶碗」の感想

2007年5月7日にリニューアルした千代田図書館のオープニングイベント「図書館寄席」で聴いてきました。

演じた入船亭扇治は、図書館の司書の資格も持っている人で、図書館寄席も千代田図書館が初めてではなく、全国のあちこちの図書館でやっているみたいですね。「図書館寄席」でネット検索をすると、入船亭扇治があちこちで行っている図書館寄席の様子を書いたページがいろいろヒットします。

最近の落語家さんはいろいろな試みをしますよね。演芸場などよりも高座との距離が近く、結構面白かったので、また別の図書館でも聴いてみたいな。
スポンサーサイト
ブログ内検索
カテゴリー
姉妹サイト
最近の記事
目次 (01/29)
井戸の茶碗 (01/03)
風呂敷 (12/21)
次の御用日 (12/20)
三年目 (12/17)
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。