スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風呂敷

落語「風呂敷」のあらすじ

長屋の兄さんのところに近所の女房が相談にきます。聞いてみると、旦那が「寄り合いで横浜に行って遅くなるから今日は寝てろ」と言って出掛けた日に、旦那の友達が来たので家にあがらせてお茶を飲んでいた。すると、遅くなると言っていた旦那が雨に降られてと行って早くに帰ってきたという。

早く帰ってきて何が悪いのかと問うと、旦那が焼餅やきなのでつい押し入れに隠してしまったと。旦那は酔っているからすぐに寝るだろうと思いきや、押入れの前で胡坐をかいて動かない。さて、この後押し入れに入れてしまった友達をどうすればいいのかということで相談にきたのでした。

兄さんはぶつぶつ文句を言いながらも、行ってやるから家に戻って適当にごまかしていろという。そして、自分の女房に風呂敷を出させて、それを持って件の家に行く。

さて、場面は旦那の友達が閉じ込められた家。酔っ払った旦那が文句を言っている。事情を聞くと「古女房が早く帰ってきたことに文句を言ったあげく、早く寝ようとうるさく言う。新婚ならともかく、アブラムシの背中みたいな色をして寝ようとは、何故そう亭主を脅かすのか」とぼやく。

そこで「ところでお前はどうしたんだ」と聞かれた兄さん、「俺の友達に焼餅焼きで酒呑みの男がいるんだけど、その男が寄り合いで出かけている最中に近所の若い者がやってきた。そこに男が酔っ払って帰ってきたから、若い者を押入れに隠した。酔っているから寝かしてから出そうと思ったら、そいつがなかなか寝ない。しかたがないから男にこんな風に風呂敷をかぶせて、その間に逃がしたって訳よ」と答えて、「そりゃ、うまく逃がしやがったな」というサゲ。

落語「風呂敷」の感想

火焔太鼓/風呂敷」に収録された志ん生のもの(1953年4月14日ラジオ東京[現TBS]での放送)を聴きました。

これは元々、押し入れに入れられたのが旦那の友達ではなく間男だという噺のようです。それを志ん生が罪のないただの友達だという設定に変えたんですね。CDについていた解説によると
志ん生は艶笑噺をいかにもそれらしくやるのは好まなかったようだ
だそうです。自分自身もたくさん遊んだ人だからこそ、そういう噺をこれまでのまま継承してやるだけじゃ満足できなかったのでしょうか。

それにしても、これはやっぱりCDではなく映像で見たいですね。逃がしたときの状況を説明しているという振りをしながら実際に逃がす場面で、兄さんと旦那の友達とが交わした身振り手振りがあるはずで、ぜひ見てみたい!
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
カテゴリー
姉妹サイト
最近の記事
目次 (01/29)
井戸の茶碗 (01/03)
風呂敷 (12/21)
次の御用日 (12/20)
三年目 (12/17)
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。