スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿屋の富

落語「宿屋の富」のあらすじ

日本橋馬喰町にある宿屋の一つが舞台。お客に愛想をふりまく宿屋の主人に対し、客が自分には構うなと言う。聞くと、商売をする必要のないほどの大富豪が、他人に構われたくないばかりにわざと貧しい身なりをして宿屋に泊まっているという。何しろ、金が邪魔でしょうがないくらいだとか。

そこで、宿屋の主人は、副業でやっている富札を取り出す。明日結果が出る富札が一枚売れ残っているのだ。宿屋の主人が、一分で千両当たる富札だと説明すると、客は「また邪魔になるから、もし当たったら千両のうち五百両を主人にやる」と約束する。

が、実は客にとって今の一分が最後のお金。調子よく大富豪の振りをしていたら、ばか正直な宿の主人が本気にしてしまったという訳。これで本当の一文無しになってしまったので、適当に食べて飲んだらずらかろう、という不届きものの客なのでした。
そして翌日、また「三萬両を貸した大名に、金を返すなと言いに行く」などとまた富豪のふりをしながら、客は外出する。

一方、場面は富の結果が出る湯島天神。神様が私に「千両は無理だけど、五百両をお前にやることに決めた」と言ったと主張する男がおり、五百両が当たったときの妄想を連れの男に延々と話している。

しばらくすると、奉行立会いの下、当選番号の発表が始まる。法螺吹きの客は何と一等が当たっているのだが、当たるわけがないと思っているからいつまでも気がつかない。ついに気がついたときには、もうパニック!どうして宿屋の主人に半分やる約束をしたかと悔やむが、売った人がいないとお金を貰えない仕組みだとかで、やむなく宿に帰ります。帰るなり寒気がするといって、蒲団にもぐりこむ。

宿屋の主人も用事を済ませた後、湯島天神へ寄って、富豪の客に売った富札が当選していることを知る。慌てて宿に帰り、蒲団をかぶっている客の部屋へ突入。起きましょう、祝い酒をしましょうと舞い上がる主人に、客は「慌てたからといって、下駄のまま部屋にあがるんじゃないよ」とたしなめる。が、主人が蒲団をはぐと、客もぞうりを履いたまま寝ていた、というサゲ。

落語「宿屋の富」の感想

落語名人会 3」に収録されているものを聴きました。1980年10月13日、三百人劇場での収録。

CDについている解説によると、この噺は上方落語の「高津の富」を三代目柳家小さんが東京に移植したものだそうです。私も桂枝雀で「高津の富」を聞いたことがあります。

この噺は、一等が当たった客が当選したことに気付くまでの様子が見せ場ですよね。こういうところで言葉ではなく仕草で笑わせられると、CDで聴いている身にはつらい。噺家の声は聞こえずに、客の笑い声だけが聞こえてくるんですよね。

それと、私が聴いた「高津の富」には(確か)なくて、「宿屋の富」で出てきた場面があって、二番目の当選番号が読み上げられる場面。五百両が当たると主張していた男の番号が「辰の2341」で、読み上げられた番号が「辰の234、、、、7」。妄想は妄想のままに終わってしまうのでした(笑)。
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索
カテゴリー
姉妹サイト
最近の記事
目次 (01/29)
井戸の茶碗 (01/03)
風呂敷 (12/21)
次の御用日 (12/20)
三年目 (12/17)
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。